銀座・横浜・オンライン。1日5分でネイティブ発音に!外資・MBA・LLM・通訳・エグゼクティブの英語発音矯正スクール
英語発音矯正・英語学校  ザ ジングルズ

Tel
まずは体験セッションへ!発音分析つき
Online Store
Mr.Walkerからのメッセージ
エグゼクティブ
エグゼクティブインストラクターYukikoShirao
ザ ジングルズ スタッフブログ
ザ ジングルズ for TOEIC

DAY 2

DAY 2

訓練方式でTHOROUGHLYを練習しましょう。

訓練方式
DAY2-1
play
DAY2-2
play
DAY2-3
play

※このコンテンツをお聞きいただくためにはWindows Media Playerが必要です。

発音練習のコツ

  1. おとがい筋で舌を突き出す‘THOROUGHLY’のθ音は、1ミリ→8ミリ→2ミリ→7ミリというように、なるべく舌を突き出す量を大きく変えることがポイントです。(舌を突き出す量を変えても音は変わりません)
  2. wR音wR音は、鼻の両脇の筋肉を押し上げながら出します。
  3. 音は、日本語の「らりるれろ」より舌先の面積を広く使い、上の歯茎に舌先を押し付けます。時間も長く取り、力を入れて出すようにしてください。

Application

TH音とs音の筋肉をきたえるつもりで1~3を2セット練習しましょう。

訓練方式
DAY2-1play
DAY2-2play
DAY2-3play

※このコンテンツをお聞きいただくためにはWindows Media Playerが必要です。

発音練習のコツ

  1. θ音は上下の歯で軽く舌を噛み、たっぷり1秒噛んだままにして音を出しましょう。
  2. 慣れるまでは、θ音の舌を突き出す量を、指示通りに変えて練習してください。
  3. 練習に慣れてきたら、自分で舌を突き出す量を1~8ミリの範囲で変えて練習します。1ミリ→8ミリ→2ミリ→7ミリというように、なるべく舌を突き出す量を大きく変えることがポイントです。この練習は舌を強化し、調整力を身につけるのに効果的です。
  4. s音は日本語の「さしすせそ」よりも舌の位置を後ろへ1ミリ引いてだし、舌先が口の中のどこにも触れないように注意します。日本語のs音よりも強い音が出せるように、1秒間ずつのばして練習します。
ここに注意!

  1. 深く息を吸い、下腹と舌先にしっかり力を入れましょう。
  2. おなかに十分力を入れないと耳へ負担がかかり、かゆくなったり、耳鳴りの原因にもなるので注意してください。
  3. 息が続かない場合は、無理をせず、慣れるまで少しずつ取り組んでください。
  4. 舌の筋肉発達の効率が落ちるので、頭や上体はなるべく動かさないようにしてください。