英語発音矯正・英語学校  ザ ジングルズ

東京銀座・オンライン。1日5分でネイティブ発音に!
外資・MBA・LLM・通訳・エグゼクティブの英語発音矯正スクール

まずは体験セッションへ!発音分析つき
Online Store
Mr.Walkerからのメッセージ
エグゼクティブ
エグゼクティブインストラクターYukikoShirao
ザ ジングルズ スタッフブログ
ザ ジングルズ for TOEIC

メールマガジン

──▼──●───────────────────
最速!ネイティブ発音への道 vol. 289
────────────────────▼───

みなさん、こんにちは (^^)

英語発音矯正スクールの “ザ ジングルズ ” です!

今回のメルマガでは、
『 ☆コミュニケーション ポイント講座☆ 』をお届けいたします!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆ コミュニケーション ポイント講座 ☆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

①ドアはいつもOPENに!

プレゼン時に限らず、仕事上でのコミュニケーションに
役立つ言葉はいろいろあります。

例えば、
「あなた(貴社)のためならいつでもお時間を作りますよ」
という意味を伝えるなら下記のように言いましょう。

・ Please talk to me anytime.
・ I’m always available to you.
・ My door is always open.

②一緒に仕事をすることが決まったら

飛行機に乗った時のアナウンスでお馴染みの
“Welcome aboard.”
(ご搭乗ありがとうございます)というフレーズですが、
これは一緒に仕事ができて嬉しいという気持ちを込めて
ビジネスでもよく使われます。
 より格式張った言い方は、
“ We’re pleased to have you with us.”になります。

③円滑なコミュニケーションのために

「嬉しい」「感謝している」「幸せ」など
ポジティブな言葉は、円滑なコミュニケーションに
役立つので積極的に使いましょう。

例えば、質問を受けるにも
“Do you have any questions?”
(何か質問はありますか?)と聞くより、
“I’m happy to take any questions you may have.”
(皆さんからの質問を喜んでお受けします)
と言うだけで印象がグッとよくなります。

★ネイティブ発音は、腹筋がポイントです。
いつものように深い呼吸をして、
しっかり腹筋をしめて発音してください!

それでは、次回のメルマガをお楽しみに!!!!

──▼───────────────────────
最速!ネイティブ発音への道
────────────────────▼─────

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〔1〕今日のやさしい英語プレゼンテーション

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆“たぶん”の表現方法◆

何か質問を受けた時、推測で答えなければいけない時があります。

そんな時、いつも“maybe”を使っていませんか?

「たぶんこうだと思う」と表現する時には、
“maybe” “perhaps” “probably” “possibly” などがありますが、
maybe と perhaps は50%程度の可能性を示し、possibly や
probably はより高い可能性を表すのでその都度使いわけましょう。

その他にも、下記のような言い回しができます。

・ My understanding is… (私の理解するところでは…)
・ We believe…     (…と思います)

◆“maybe” と“may be”の違い◆

1)Maybe she is happy. (たぶん彼女は幸せだ) 
Maybe(一語)の場合はadverb(副詞)です。

2)She may be happy. (たぶん彼女は幸せだ)
may be (二語)の場合はverb form(動詞の形態)と
なりますが、意味は同じです。

*ネイティブ発音のポイント!
・p音とb音は、日本語とは全く違う発音のしかたをします。
左右のえくぼ位置に力を溜めて、上下の唇をしっかり押し合わせて発音します。
なるべく、音をこめるようにしてください。
日本語の“p”“b”のように、唇の真ん中から音を破裂させないでください。

──▼─────────────────────
最速!ネイティブ発音への道
────────────────────▼───

皆さま、こんにちは ♪♪
春の花々が鮮やかに咲き始め、
温かい風も感じられるようになってきた
今日この頃ですね(^^)

それでは、今日のメルマガはこちらです☆
__________________________

やさしい英語プレゼンテーション
__________________________

「ネイティブ発音」で「ネイティブ英語表現」をからだから覚え、
プレゼン力に差をつけましょう!

◆◆ 正確さより大切なもの ◆◆

プレゼンでは完璧なスピーチをしなくてはいけないと
ほとんどの真面目な人は考えます。

ところが、印刷される文章に比べたらスピーチでは
多少のミスは許されるもの。

成功をおさめる為の演説の秘訣は何かと
言えば、「率直さ」と「情熱」です!

◆意見が固まらないときは…

プレゼンで質問を受け、その場で回答ができない
もしくは意見が固まらない時には下記の表現を
使いましょう。

・Let me get back to you later on that.
(後ほどご連絡いたします)

・I don’t have any opinion at this point.
(まだ考え中です)

・I’m still making up my mind.
(まだ考え中です)

★ネイティブ発音のコツ

・今日の表現には、m音、p音、b音などのえくぼ音が沢山あります。

・しっかりえくぼの位置に「力をためて」から
 唇の中央ではなく、えくぼ側から発音しましょう!

また、破裂音ですが、

・日本語の「ム」、「プ」、「ブ」のように
 「唇の中央から破裂させないこと」が、通じるコツです!

──▼──●───────────────────
最速!ネイティブ発音への道
────────────────────▼───

こんにちは!
暦の上では春とは言え、まだまだ寒い日が続きますね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ザ ジングルズでは、3月に『上級者様向け!英語プレゼン
セミナー』と『キャビンアテンダント様対象!航空英語
セミナー』の、2つの新しいセミナーを開催いたします。
詳しくはHPをご覧になってみてくださいね!
______________________________________________________

やさしい英語プレゼンテーション
______________________________________________________

■ プレゼンテーションはプレゼント!

プレゼンテーションの語源はpresentです。
あなたのプレゼンや提案は、相手にとって嬉しい“贈り物”に
なっていますか?

プレゼン成功確率に限界を感じている方は、再度その原点に
戻ってみましょう。

■ 聞き手が主人公

今や単に良い製品を作れば売れる時代ではありません。
また、どんなに優れたサービスがあったとしても、それを
伝達する努力を劣っていては世の中に認められることもない
でしょう。

プレゼンの技量がビジネスの成否を左右するといっても
過言ではありません。

プレゼンは自分の主張を一方的に述べるものではなく、
聞き手が主人公であることをまず認識しましょう。

その上で、何が求められているのかを把握して
伝えたいことを的確に表現しましょう。

■ 英語で的確に表現する力をつける

英語が母語ではない私たちにとって、複雑な内容を表現する
必要はありません。必要なのは「知的な論述を中心とした
英語」です。情緒的な表現を省き、論理を述べることだけに
集中したほうがよいでしょう。

そのためには、まず簡潔な英文を身につけることが肝要です。
その一つの手段として、文を名詞節でまとめるとスッキリ
します。名詞節を導く言葉には、that, what, when, which
などがあり、一つの内容をつなぎ合わせる役目をします。

・fact (that…) …という事実
・idea (that…) …という考え
・hope (that…) …という希望
・What is meant by this is …  これが意味していることは…
・What actually happened was… 実際に起こったことは…
・What they told us is…     彼らが私たちに語ったことは…

このような言い回しをある程度暗記することで、より滑らかに

伝達する能力が身につきます。

──▼──●───────────────────
最速!ネイティブ発音への道
────────────────────▼───

こんにちは!
凛とした冷たい空気に、風花が美しく輝くこの頃。
皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。

ザ ジングルズでは、個人体験セッションが大変ご好評をいただいております!
銀座・鶴見・オンラインで体験セッションのご予約を承っておりますので、
是非ザ ジングルズの英語発音矯正を体験してみてくださいね。

______________________________________________________

英語ことわざレッスン
______________________________________________________

こんにちは。

英語ことわざをネイティブはどう考え使っているのか、
ネイティブにしか分からない英語感覚をこっそり伝授いたします。

ことわざの裏にある日本人と英米人の考え方が、
意外と異なっているということが楽しく学べます。

それでは、早速はじめましょう。

■ことわざ

虻蜂取らず

→ あれもこれもとねらって一物も得られない。欲を深くして失敗すること。

■英語版ことわざ

Between two stools you fall to the ground.

・ between  ~の間に
・ stools   (背のない)腰掛け
・ fall     落ちる

→ 2つの腰掛けの間では、尻餅をつく。

■ネイティブはこう考える!

This means that you can’t be indecisive or wishy-washy.
You have to take a stand — and then you have to stick to it.
If not, you will never get anywhere or do anything productive.

・ indecisive  優柔不断な
・ wishy-washy (性格・表情・文章などが)煮え切らない
・ stick to   ~をやり遂げる

→ 何事も、覚悟を決めてやり遂げる姿勢が大事です。
  優柔不断、煮え切らない態度でいては結局何も得られません。
  日本人は、欲の深さを考慮しますが、ネイティブは決断を重視しています。

個人有料体験セッション
スケジュール

体験セッション
メールマガジン
続きを読む
メールマガジン