英語発音矯正・英語学校  ザ ジングルズ

東京銀座・オンライン。1日5分でネイティブ発音に!
外資・MBA・LLM・通訳・エグゼクティブの英語発音矯正スクール

まずは体験セッションへ!発音分析つき
Online Store
Mr.Walkerからのメッセージ
エグゼクティブ
エグゼクティブインストラクターYukikoShirao
ザ ジングルズ スタッフブログ
ザ ジングルズ for TOEIC

最速!ネイティブ発音への道 Vol.183

──▼──●───────────────────
最速!ネイティブ発音への道
────────────────────▼───

The JINGLES メールマガジン Vol.183 2010/12/03

こんにちは!

ついに、ザ ジングルズ「英語発音ビルダー」Vol.1がリリースされました!
もうお試しいただけましたか?

_____________________________________________

〔1〕「最も効果的なリスニング向上法 その5!」
_______________________________________________

◆ザ ジングルズを受講されている方の多くは、
「リスニング力の向上」を目的とされています。
まずリスニングは、
5つの条件を復習しましょう。
今までに重要度順に、
1.発音
2.聞き手の態度
3.語彙力
4.一般知識

についてご紹介してきました。
今日は、最終回「文法」です。
時々、「文法の基礎からやり直さないと。」
という方がいます。
世界中で、最も英文法に時間をかけているのは
日本人と言っても過言ではないことをご存知ですか?
少なくとも中学から高校卒業までの6年間、
学校で週に3-7時間,
受験がからめば予備校や自宅学習でさらに
何百時間も文法に費やします。

実際、日本人の平均的文法力は
アメリカ人ネイティブのそれを上回っていることを
聞いたことがあります。
驚きですね。

簡単に文法構成をまとめさせていただくと、
大学受験の文法はご存知のように
高校の復習と応用です。
高校で習う文法の半分は中学のときの応用です。
受験予備校で習うのは、それらを独自編集したものです。
結局は復習と応用の繰り返しなので
中学の文法が分かっていれば十分という理由は
こんなところにあります。

従って
文法力が不足していると感じる方は、
実は文法ではなく、
自分の考えを話題別に1行程度で
まとめることが必要です。
そして一日5ー10分程度を
スピーキング・リスニングなど
コミュニケーションそのものに大きく影響を与える
発音に力を入れたほうがどれほど実践的か
納得頂けると思います。

最後に雑音対処も必要です。
静かなところで聞き取ることに慣れたら
音楽、テレビなど、雑音を加えた環境で
リスニングしてみて下さい。
あkらだが発音の仕方を知っていれば
耳が必要な音だけを拾えるようになります。

個人有料体験セッション
スケジュール

体験セッション
メールマガジン
続きを読む
メールマガジン