英語発音矯正・英語学校  ザ ジングルズ

東京銀座・オンライン。1日5分でネイティブ発音に!
外資・MBA・LLM・通訳・エグゼクティブの英語発音矯正スクール

まずは体験セッションへ!発音分析つき
Mr.Walkerからのメッセージ
エグゼクティブ
エグゼクティブインストラクターYukikoShirao
ザ ジングルズ スタッフブログ
ザ ジングルズ for TOEIC

最速!ネイティブ発音への道 Vol.239

──▼─────────────────────
最速!ネイティブ発音への道
────────────────────▼───

The JINGLES メールマガジン Vol.239 2012/08/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆こんにちは!今話題のザ ジングルズの発音矯正シリーズ
「英語発音ビルダーPC版」はお試しいただけましたか?
本日(17日)まで、特別割引キャンペーン中です!
どうぞお見逃しなく!

→https://www.thejingles-summit.co.jp/information/5503.html

_____________________________________________

〔1〕やさしい英語プレゼンテーション
_____________________________________________

プレゼンにおいて仮の話として推論を展開することがあります。
今日はその言い方を覚えましょう!

◆基本形
1)前提条件を立てる → If… (もし~ならば)
2)どのような帰結が成り立つかを示す → would (~であろう)

◆仮定条件を示すための表現
If we assume…(~と仮定すれば)

“assume”は具体的な根拠なしに推論する場合に使われ、
純粋に「仮定する」ことを表しています。

assumeの他には状況に応じて次のような表現を使うことも
できます。

If we see.. as… (~を~とみなせば)
If we think of..as…(~を~と考えれば)
If we accept… (~を前提として受け入れれば)
If we suppose… (~と想定すれば)

個人有料体験セッション
スケジュール

体験セッション
メールマガジン
続きを読む
メールマガジン